<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
SEARCH
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENTS


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.09.28 Tuesday  | - | - | - | 

なんてたってアイドル

自宅PCが不具合起こして、やっと復活したと思ったらもう2月。久しぶりのブログ更新でありマス。バレンタインもおわり、ショップでは、3月のホワイトデーモードにかわっておりますネ。今イチ華かけてる気が。
ガールズイベントで盛り上がっているのは、女の子の永遠のアイドル”Barbie(バービー)”。生誕50周年を記念し世界各地では、いろいろなイベントが目白押しデス。マンハッタンのソーホーでは、歴代バービーがずらりとお目見え。

またメルセデスファッションウィークでは、バービーメイク、バービーファンションをまとったモデル達のランウェイが登場。小さいころに一緒になって遊んだファッションに、ランウェイのモデル達に親近感を覚えたり。
こういったイベントに、必ず登場する”コラボもの”。今回は、Stila(スティラ)がコスメラインを担当しています。バービーをイメージした発色のあざやかなアイシャドウやリップなどがお目見え。各世代のバービー達を缶にあしらい、中にはアイパレットやリップがセットとなって ダブルでお得・ハッピー気分。

各世代のバービー達は、1959年「ポニーテールドール」、1971年「マリブドール」1980年「フォクシードール」2000「ジュエルドール」の4種類。どれもキャラが魅力的でどれにするか悩むところ。コスメ商品のほかにルックブックもついていて、本を見ながらバービーに変身する楽しさもセット。日本での販売は、ホワイト&ブラックストライプのスイミングウェエが プリントされたデザインになるそう。

私の小さい頃は、ジャパニーズドール”タカラトミーの「リカちゃん」”に夢中でありました。声色かえてリカちゃんになりきってみたりと、かなりはまって遊んでいたように記憶していマス。人形やぬいぐるみ、小さい頃に夢中になる相手は様々ですよね。50年たっても、子どもから大人まで幅広いファンから愛されているバービーやリカちゃんドール。 美へ憧れは形をかえて、永遠につづくのでありマス。

コモンセンス 雑貨、インテリアたまにロハス。そして笑い。←クリック de ハッピー&サンクス
2009.02.24 Tuesday 00:02 | comments(2) | trackbacks(0) | ビューティ | 

備えるシーズン

「三寒四温」という言い伝えどおり、寒い日がつづけば暖かい日もつづく。そろそろ冬ともお別れの時期となってきまシタ。整体のセンセイがいっていた、冬にためこんだ”邪気”を春になるまでに、出し切らないと季節の変わり目に風邪をひきやすくなるとの教え。ケッツェさんのヨガ記事を読みながら、私もデトックスしないとなあと思うこの頃。
このままじゃいけないと奮起しまして、久しぶりにホットヨガレッスンをうけてきました。ホットヨガでもこちらは超低温でリラックスをメインとした初心者にはうってつけの教室。レッスン後はなんだかカラダが軽くなったよう。

ホットヨガとは一般的には、高温多湿の部屋で行われるヨガ。冬に凝り固まった筋肉をほぐすにはちょうどよい環境デス。インドが発祥の地であるヨガは、心身を制御するテクニックとして昔からインドで行われてきました。日本の禅宗の座禅は、ヨガのポーズからきているといわれてます。健康なカラダを維持するテクニックとして世の中にひろまったのは最近のこと。今ではいろいろな流派やスタイルで気軽にトライできる健康法となっています。

ヨガ中はもちろんですが、事前の水分補給は新陳代謝をさらに促す効果ありと聞き、早速ヨガる前にハーブティーを一杯。ハーブティは、コーヒーや紅茶と違い、ブレンド具合によって味がさまざまなので、飲んでみないと味がわかりにくいというのが難点ですが、まあそれも買う楽しみ。自分の好みにあたれば、ラッキー。はずれた時は、いつか飲むだろうとストックをふやしてみたり。成城石井で見かけたオーガニックハーブティー「PUKKA(プッカ)」。英国出身のITエンジニアであった2人がインドの伝統医学アユールヴェーダの教えをもとにつくったハーブティーブランド。

PUKKAはヒンドゥ語で高品質という意味だそうです。前出のイギリス発のナチュラルエナジードリンク「FIREFLY」もそうですが、イギリスはオーガニック・ナチュラル事業を起業する人が多いような気がいたしマス。健康ナチュラル意識の高いイギリス、そういったマーケットが大きいのだろうな。今回購入したRevitalise kapha teaはシナモンやグローブ、ジンジャーとハーブのクセが強そうかなと思いましたが、わりと飲みやすい。飲んだ後からカラダがポカポカ。ヨガ中は滝のように汗が流れ出しました。

また他に気になるデトックス系は、お友達からいただいた、ハーバルトニックの「FUSHI」。FUSHIとは不老不死の不死から由来しており、「外見の美しさは内側から作られる」をコンセプトとしたハーバルケアホリスティック。ハーブと果実が凝縮されているタイプで薄めて飲んだり、料理にくわえたりと気軽に使えるのがうれしいトコロ。毎日小さじ3杯までを目安にコツコツ飲み続けることが大事だそうで、継続はチカラなりですネ。あたりまえですけど、それがなかなか難しい。
季節の変わり目は何かと体調を崩しやすかったり。自然のチカラを借りて春に備えたいと思ったこのごろでありマス。


コモンセンス 雑貨、インテリアたまにロハス。そして笑い。←クリック de ハッピー&サンクス
2008.02.28 Thursday 07:35 | comments(4) | trackbacks(0) | ビューティ | 

pink! pink! pink!

まだ寒さが続く関東地方。先週よりは少し気温があがり、春までもう少しとワクワク期待度がアップしてくるこの時期。まだちょっと早いかしら。お肌乾燥注意報もまだまだ続きそうな勢いでありマス。

今年2008年は366日と4年に一度のうるう年。英語では「leap year(リープイヤー)」とよばれ、アメリカでは2月29日に生まれた人のためのサイトまである盛り上がりよう。うるう年に開催されるアメリカ合衆国大統領選挙ですが、今年は初の女性候補だったり、初のアフリカ系男性が候補だったりと、世界中が注目しておりますネ。

肌がうるう年になるように、でた!得意の親父ギャグ。乾燥対策もばっちり。去年から今年にかけて、私の中では「ROSE」が流行りモノなのデス。気がつくとバスルームが、ピンクに彩られていたり。乾燥対策フェイス用には「スチームクリーム」。 前出デザインのスチームクリームはもう使いきってしまって、今は限定カラーのSAKURA(サクラ)をゲット。サクラは配合されていないのですが、押さえ気味のローズマリーがココチよい。また、ボディ用には、ハミガキコと愛用しているドイツのオーガニックメーカーヴェレダ(weleda)社のワイルドローズボディソープ。こちらは泡立てている間もローズのかおりがバスルームに充満して、洗っているときは至高の気分。エステいらずで気分高揚。洗い上がり後にカラダが潤うようにオイル配合されているので、ボディクリームいらずとのこと。

イデアインターナショナルが立ち上げた、手の届きやすいコンセプトのオーガニックブランド、「Bioristaビオリスタ」早速買ってみまシタ。プラザ(ソニプラ)やLOFT等で販売中。同社のブランドAgronatura(アグロナチュラ)はイタリア産オーガニック100%ですが、Bioristaは果実、野菜を凝縮させて作られたデリシャスオーガニックコスメ。今回は”Lavender Rose(ラベンダーローズ)”ボディミルクを購入。べたべた感が苦手な人にももってこいデス。さっぱりとしたキュウリの香りに安心してみたり。配合されているキュウリは保湿力が高いため、ドライ肌にはニジュウマル。また、ぽったりしているわりにはすごーくのびがいいので、一回あたり、ちょっとの量でOKなのもうれしいところ。パケデザイン、ビビットなカラーがいいね。


春といえばイチゴというイメージがあります。昨年、復刻版としてお目見えしているマリメッコのMANSIKKA(マンシッカ)にあまずっぱさを感じてみたり。よく小さい頃はコンデスミルクかけて、半分食べ、そのあとは牛乳かけてイチゴミルクをあじわった思い出があります。イチゴ狩りもよくいきました。

近くの公園の木々たちをみつめると、ふっくらと小さな木の芽が春の訪れを待っております。ワクワクしながら、待ち遠しく思うこのごろでありマス。

コモンセンス 雑貨、インテリアたまにロハス。そして笑い。←クリック de ハッピー&サンクス
2008.02.19 Tuesday 23:56 | comments(3) | trackbacks(0) | ビューティ | 

DRY DRY

例年より暖かい日が続いている関東地方。そうはいっても15日にはボジョレーも解禁され、街の木々も秋の彩りをみせてきていますネ。ショップのコスメコーナーでも秋色ぞろい。秋模様の中、最近気になるのは、空気が乾燥していることでございマス。室内外で乾燥してるね。今年は保湿力が強いクリームをゲットしようと街をリサーチいたしました。

有楽町エストネーションで発見したコスパがよろしいクリーム”STEAMCREAM(スチームクリーム)”を発見。”JANE”レパード柄のパッケージが目をひきマス。期間限定というのに弱い。イギリスの昔から伝わる肌にやさしいレシピを日本で製造。ぽったりとやわらかいテキスチャが、肌に潤いをたっぷりあたえてくれます。エッセンシャルオイル配合のため、ふたをあけるとラベンダーのいいニホイ。開けるたびにアロマテラピー。

全身保湿クリームのため、顔だけでなく、乾燥しやすいひざ・かかとにもたっぷりと。お値段が手ごろなため、思い切ってたくさん使えるのがうれしい。そういうの大事です。オート麦やカカオ脂などの自然の成分ばかりでカラダにも安心。5種類のデザインでいろどられたアルミ缶は、重さを感じさせないため気軽に持ち運びできるので小分けせずバックにそのまま。現在、エストネーションやPLAZA(旧ソニープラザ)で販売中デス。

私の秋冬定番といったら、コチラ。ロゼット社の”ロゼット洗顔パスタ”。母親が昔から使っていたのをそのまま愛用。イオウが練りこんであって使用時は温泉気分に浸れます。洗顔後つっぱらないのがうれしい。1934年から発売しているロングセラー商品、パッケージがなんとも懐かしげで新鮮。容器も使い勝手がよくアイデアものです。乾燥肌(青色)と普通肌(ピンク色)の2タイプは楽天市場で販売はもちろんのこと、マツモトキヨシなどのドラックストアでも販売しております。

12月1日より販売のシュウウエムラ化粧品”バスオイル”「プレジャーオブジャパニーズバス」もそさそう。香りはサクラ、ショウブ、ヒノキ、ユズの4種。肌に潤いをもたせるカミツレエキスを配合していマス。昔からなじみのあるニオイ、シュウウエムラがどのように仕上げるのか楽しみ。

肌に潤いをもたせる製品がたくさんお目見えしておりますが、自然派スタイル系がふえてきたことはとてもうれしいこと。毎日使うものこそ、肌がよろこぶものをチョイスしていきたデス。

コモンセンス 雑貨、インテリアたまにロハス。そして笑い。←クリック de ハッピー&サンクス
2007.11.16 Friday 07:40 | comments(2) | trackbacks(0) | ビューティ | 

ニッコリSMILE

先日、口元のメディカルエステ"whiteessence(ホワイトエッセンス)"へ行ってきまシタ。通常の歯医者さんとは違い、自分でメニューを選択するエステサロンのようなシステム。
歯のケアをしなくてはいけないなあ〜と思いつつ、足は歯医者さんより遠のいていたこのごろ。お友達からの評判を聞き、いいチャンスなのでワクワクとともに”ホワイトエッセンスクリーニングコース”を受けてきました。久しぶりの歯医者にキンチョー。

レセプションは、リゾートホテルを彷彿とさせるアジアンチックな家具や照明をそろえ、バリのリゾートにいる気分。歯医者さんというより、もうエステサロン。施術に入る前に、カウンセリングシートへ嗜好品摂取頻度や歯の気になるところを書き込み、リラグゼーション系の音楽に暑さを忘れてみたり。

今回受けた”ホワイトエッセンスクリーニング”。一度の施術で茶渋や歯石を除去していただけるこのコース、まずは口の中をカメラ撮影。自分の口内の様子をモニターで見ながら、状態の説明を受け、いよいよ施術スタートです。コーヒー、赤ワイン好きなので、落としがいがあります。
まずは「塩のジェットシャワー」。ノズルから噴射される細かい塩シャワーが、あれよあれよと茶渋を除去。塩のシゲキを受けないように舌のうえにはコットンがおかれ、また塩にはレモンフレーバーがほんのりと。これは家でマグカップについた茶渋を塩を使って落とす原理と一緒。おどろくほど茶渋がきれいにサヨナラ。気持ちいい!

その次は「歯石とり」。普段自分では、なかなか手のとどかない奥歯や上の部分。今はガリガリと削らないで超音波で除去していくのですネ。テクノロジーの進化ですな。1回ですべての歯の裏側・表側がすっきり。「プロフェッショナルクリーニング」ではネイルサロンで使用するようなゴム素材のような先がついた器具で歯間をキュッキュッとお掃除。気持ちよくてうっかり寝るところでした

すっかり透明感のある白色に仕上がった歯に満足し、担当サンより歯や歯ぐきの状態にあった歯ブラシ選びや、磨き方をご教示いただき、早速次回(三ヵ月後)の予約をいれました。口内を中性に保ち、歯を強化する歯のパック”ジーシーMI Paste”のバニラフレーバーを購入。楽天ってなんでもあるんですねえ。

他にもイチゴやメロンというのもあり、食べてしまいそうなおいしいセレクション。歯パック初体験なので、ちょっとワクワクしてマス。自然化粧品ブランド”WELEDA(ヴェレダ)のソルト歯磨き粉も購入。ノンケミカルで塩配合っていうのに惹かれていたんデス。毎日のケアはもちろんのこと、ステインがつきやすい赤ワインやコーヒー、黒ウーロン茶・プーアル茶は、飲んだら水も一緒にと、心がけもいただいてきました。コーヒーは、ブラックではなく、ちょっとでもミルク入れてくださいとのこと。これから一生お世話になる”歯”をもっとケアしていかないとな、と実感した一日でありました。

白い歯っていいな、ってこのことですネ。

コモンセンス 雑貨、インテリアたまにロハス。そして笑い。←クリック de ハッピー&サンクス
2007.08.14 Tuesday 10:53 | comments(2) | trackbacks(0) | ビューティ | 
 | 1 / 1 PAGES |